修了者の声

2016.6.4

平成28年6月4・5日開催 『脳卒中後遺症者に対する評価と治療』

平成28年6月4・5日開催 『脳卒中後遺症者に対する評価と治療』
 本日は土井鋭二郎先生が南草津病院に入職して、初めての有料研修会開催となりました。テーマは「脳卒中後遺症者に対する評価と治療」でした。1年目の方から10年以上の方まで多くの方にご参加いただきました。
 参加者は法人職員4名、外部参加者26名の合計30名でした(会場キャパの問題で、申込を多数お断りしております)。実技指導はアシスタントも含めると全5名で実施、充実した研修会になりました。今回は初日の夜に懇親会を企画し、20名という多くの方にご参加いただきました。それぞれに臨床での悩み相談しながらも、皆さんの熱意を感じる事が出来ました!!

参加者の声

  • 実技練習の時間が長かったので、凄く勉強になりました。その方々にあった治療選択では日々の臨床で難しさを感じています。デモ等して頂けると助かります。
  • 評価が難しかったですが、先生方の指導により、分かりやすく理解することができました。今後の臨床で活かしていきたいです。また、体幹のコントロールの必要性や重要性がわかり、体幹についてもっと学びたいと思いました。
  • 座学で仕組みをくわしく勉強してから、実際に治療や評価をおこなったことで理解しやすかったです。上肢・体幹・下肢と行い、特に下肢が難しかったです。
  • 立位・座位でのアプローチの方法、アライメント評価など細かく教えて頂けたので、とても勉強になりました。
  • 自分の姿勢分析の不十分さを改めて感じました。指導してくれる先生がいない時、自分達で考えてアプローチ出来ず困りました。
  • 手技の研修にほとんど出たことがなく、ボバースの研修も初めてでちんぷんかんぷんでした。。。小さなグループでとても分かりやすく教えてくださったので、とても有意義な研修でした。
  • 座学・講義実技を含め、非常に内容の濃い研修会でした。特に実技では、アシスタントの方が沢山回ってくださったので助かりました。
  • 初めて知った知識が多く、自分の知識の無さを実感しました。
  • 講義の内容も分かりやすく、理解が十分に出来ていない個所もあると思いますが、概念を理解する大きな助けになったと思います。実技では、被験者の変化を感じとること、評価の幅を広げる練習になり大変、為になりました。
  • 初めて学ぶことが多いので、少しスピードが早い印象でしたが、楽しかったです。
  • 平成28年6月4・5日開催 『脳卒中後遺症者に対する評価と治療』
  • 平成28年6月4・5日開催 『脳卒中後遺症者に対する評価と治療』
  • 平成28年6月4・5日開催 『脳卒中後遺症者に対する評価と治療』
  • 平成28年6月4・5日開催 『脳卒中後遺症者に対する評価と治療』